jueves, septiembre 01, 2005

Fins una altra, Biergarten! / また今度, ビアガーデン!

Que hi farem si d'aquí a poc el fred comencarà a fer acte de presència a Munich. És probable que ahir fos l' últim dia d'estiu per aquests paratges, i això significa també que els Biergarten tancaran aviat per fer la seva hivernació. Enrera queden innumerables gerres de litre de mil i un tipus de cervesa diferent, degustades entre dialectes bàvars, Brezels gegants i la música dels boscos i rius muniquesos.

Com el vi, hi ha un tipus de cervesa per cada ocasió i estat d'ànim: la "Hell" o amarga per quan la calor no dona trègua, la "Weiss" o dolca turbia de gran sabor, la "Dunkel" o dolca torrada amb gran popularitat entre les dones, la "Radler" o clara pels que no els convenc el sabor de la cervesa y la "Bock" o forta per digerir els plats forts típics de la germania a l'estil del Schweinshaxe o "brac de porc". Encara n'hi ha de molts més tipus, i cada fabricant de cervesa matisa cada un d'ells amb el seu segell. Provar tantes cerveses com m'ha estat possible, per saber qui fa el millor tipus de cervesa pel meu gust, ha estat un autèntic "Camí de la Cervesa". Cadascú escollira el seu "Camí de la Cervesa" particular i sé del cert que aquests camins seran diferents, però del que també estic segur és que aquests camins es poden creuar, donant llocs a trobades, discussions per convèncer a l'altre que tal cervesa és millor que l'altra, rialles i brindis. Amistat al cap i a la fi.

A l'acabar l'estiu, el fred, la pluja i la neu cauran sobre els bancs i taules dels Biergartens, i en elles s'hi podran veure sentades ombres de gent bevent cervesa i gaudint d'un bon moment. Les ombres es convertiran en persones altre cop quan els Biergartens despertin de la seva letargia l'any que ve. De moment guardarem l'esperanca que l'any proper ens ho passarem almenys igual de bé que aquest, seguint el nostre "Camí de la Cervesa" amb els nostres amics, en els Biergartens de Munich, per exemple.

寒 さはそろそろミュンヘンに来るそう、しかたがない。昨日がミュンヘンの今夏の最後の日なのは公算が大きい。それで、そのうち、ビアガーデンは閉まって、冬 眠を始める。バイエルン方言やでかいブレツェルやミュンヘンの森と川の音のなかで、ジョッキ1001杯のビールを鑑定するのはもう過去だ。

ワインのように、場合と気持 ちによって、ビールの種類がある。ヘルというのは暑い日のためのビーるで、ファイスというのは白くて味が甘くて濁ったビールで、ヅンケルというのは濃 くて甘くて女性に人気があるビールで、ビールがあまり好きじゃない人のために、レモンとビールが混じっているラッドレルというビールもあって、豚の 腕という料理のような濃い食べ物を食べるために、味が濃いボックというビールもある。数え上げられないビールの種類がまだたくさんある。それに、醸造所は そ れぞれにビールの種類にひとつずつ自分の味を入れる。私の好みに一番よく合うビールを見つかるために、ビールを何杯も飲むのは本当に「ビールの道」だ。こ の「ビールの道」は人によって、あなたのと私のと違うのはちがいないけど、その道を歩いたら、多分いつか会えて、一緒に笑ったり、どんなビールが一番いい について話したり、乾杯したりすると思う。それは友情だろう。

夏は終わると、寒さや雨や雪が閉まっているビアガーデンのベンチとテーブルに降って、人の影がそのベンチに座って、ビールを飲んだり、楽しんでいたりするのがみえる。 ビアガーデンの冬眠を終わると、その人の影は本当の人に変わる。とりあえず、来夏また楽しむ希望を持っていて、友達と一緒にミュンヘンのビアガーデンで自 分の「ビールの道」を歩こう!

3 comentarios:

  1. Que envidia me das!!! La verdad es que ya podría haber en Barcelona sitios como esos donde la gente toma el fresco a la vez que una opípara cena y una deliciosa cerveza....En fin, esperemos a que llegue el otoño seguido del invierno para que de nuevo podamos disfrutar de esos sitios tipicamente muniqueses....

    ResponderEliminar
  2. Teneis una versión nueva del "cuento" BIRUDO como comentario a las impresiones que Miquel titula "Fins una altra, Biergarten" pero no se aún como colgarla aquí

    ResponderEliminar
  3. こんにちは。さやかです。もとの言葉が読めないので、ひょっとすると意味を取り違えているかも知れませんが、それは許して下さいね。
    とても詩的な情景で、うっとりしました。日本人もビールが大好き。でも都会は狭いので、ほとんどのビアガーデンはビルの屋上に出来ます。



    寒さがそろそろミュンヘンを訪れる気配がする。たぶん、昨日がミュンヘンの今年最後の夏の日になるだろう。やがて、ビアガーデンは閉まって、冬眠を始める。バイエルン方言や大きなブレツェルやミュンヘンの森と川の音のなかで、数え切れないジョッキのビールを品定めする日々は過ぎ去ってしまった。

    ワインのように、ビールにも場合と気持 ちによってぴったりする種類がある。ヘルというのは暑い日のためのビール、ファイスというのは白くて味が甘くて濁ったビール、ヅンケルというのは濃くて甘くて女性に人気があるビール、ビールがあまり好きじゃない人のためにはレモンとビールが混じっているラッドレルというビールもあって、アイスヴァインのような濃厚な食べ物とよく合う、味が濃いボックというビールもある。ビールの種類はまだ数え切れないほどたくさんある。それに、醸造所によって、それぞれの種類のビールに違う味わいが加えられる。私の好みに一番よく合うビールを見つけるために、ビールを何杯も飲むのは本当のところ「ビール道」だ。この「ビール道」は人によって違うが、その道を歩んでいけば、多分いつか会えて、一緒に笑ったり、どんなビールが一番いいかについて話したり、乾杯したりすると思う。そこには友情があるだろう。

    夏が終わると、閉まっているビアガーデンのベンチとテーブルに寒い雨や雪が降る。人の幻影がそのベンチに座って、ビールを飲んだり、楽しんでいたりするのがみえる。 ビアガーデンが冬眠を終わると、その幻影は本当の人に変わる。とりあえず、来年の夏また友達と一緒にミュンヘンのビアガーデンで楽しむことを望みつつ、自分の「ビール道」を歩くことにしよう!

    ResponderEliminar